検索
  • ミナトミュージック南麻布

『4分33秒』

こんにちは!


いきなりですが、皆様は『4分33秒』という曲があるのをご存じですか?


『4分33秒』はアメリカの作曲家、ジョン・ケージ(1912年-1992年)が作曲した

曲で、なんと、4分33秒間沈黙が続く現代音楽なのです!!



演奏家は4分33秒の間、音を出さず、ピアノの前に座ります。

聴衆はその場で4分33秒間まわりの音を聴きます。

物が落ちる音、誰かの咳払いなど、その場で出会う一期一会の音を聴くという音楽です。



私も『4分33秒』の「演奏」を実際に聴いたことがあります。

演奏者はストップウォッチを持って登場し、ピアノの椅子に座り、

4分33秒後にピピッとなるとお辞儀をしてステージを去るのです。

演奏中は、聴衆の笑い声や空調の音など、意外にも様々な音が聴こえるなと思い

面白かったのを覚えています。



YouTubeでも様々な『4分33秒』が投稿されています。

ぜひ聴いてみてくださいね!

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります