検索
  • 南麻布校 受付

ミナトを陰で支えてくれている白くて四角い彼ら

夜風が冷たくなってきた今日のこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏の暑さも和らぎ、つい先日、秋晴れといった言葉にぴったりのすがすがしい日がありましたね。


そんなからっとした天気に心躍らせておりますが、

今日はミナトミュージックサロンを陰で支えてくれている彼らについてお話ししたいと思います。


日本の湿気が多くジメジメとした気候は楽器にはとても優しくありません。

特に木で作られた、弦楽器や木管楽器等は湿気で木が膨張してしまうため、

夏場の除湿ケアは細心の注意を払う必要があります。

それはピアノにも同様のことが言えるのです。

ミナトをご利用の皆様ならお気付きですよね。

グランドピアノのお部屋に白くて四角い除湿器。

あれで各部屋の湿度を楽器に負荷がかかわらないよう調節しているのです。

水がいっぱいになるまで24時間稼働し続けることを強いるなんて、

とてもブラックなことをしておりますね…

それでも彼ら除湿器がいるから今日もミナトのピアノはとても最高の状態を保っていられるのです。

だから今日も退勤間際に彼らに頑張ってと言いながら私は涙を飲んで退勤するのです…

だって彼らが働いてくれないとミナトのピアノが大変なことになってしまうから…


皆様も彼らが休んでいるところを見かけたら、頑張ってと声をかけて、起こしてあげてくださいね。

雨の日なんか特に。

今日もミナトのピアノを最高の状態に保ってくれますから。





19回の閲覧

最新記事

すべて表示

早いもので一か月

早いもので一か月 早いものでこのミナトミュージックサロン南麻布校が開校して一か月が経ちました。 最寄りの麻布十番駅からこの南麻布校に出勤するときに見る商店街の光景も、 もはや見慣れたものとなってきました。 体験レッスンのお申し込みを受付で承るとき、 いかに南麻布校が開放的であるかを再認識いたします。 本校では電話で体験レッスンを承りますが、 この南麻布校では気軽に立ち寄られたお客様から申し込みを承

お気に入りの曲

水溜まりを車が駆け抜ける音、 どれも似ているようで同じ音は存在しません。 まるで各々の人生の叫びのようにも聴こえてしまう受付です。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今日も朝からミナトのピアノのお部屋からは 多彩な音色がうっすら聴こえてきます。 ふと、私のお気に入りの曲の旋律が耳に入ってきました。 その曲はとある作曲家が最後に作曲したピアノ独奏曲。 彼が書いた最愛の人へ向けられた手紙からも、こ

弦楽器の成り立ちってなんだろう。

皆様いかがお過ごしでしょうか。 残暑の暖かさに薄着だった頃が懐かしいと思えるほど、 秋を通り越して冬の冷たさを感じる季節になりましたね。 さて、そんな秋冷の日々に物思いに耽っていると、 ふと弦楽器の成り立ちってなんだろうって思ってしまいました。(唐突ですね) 人類最古の楽器と言われている声楽や、 人間自身の手と足が起源であり、そこから発達したとされている打楽器。 自然界にある筒状のもの(動物の角や