検索
  • 南麻布校 受付

ミナトを陰で支えてくれている白くて四角い彼ら

夜風が冷たくなってきた今日のこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

夏の暑さも和らぎ、つい先日、秋晴れといった言葉にぴったりのすがすがしい日がありましたね。


そんなからっとした天気に心躍らせておりますが、

今日はミナトミュージックサロンを陰で支えてくれている彼らについてお話ししたいと思います。


日本の湿気が多くジメジメとした気候は楽器にはとても優しくありません。

特に木で作られた、弦楽器や木管楽器等は湿気で木が膨張してしまうため、

夏場の除湿ケアは細心の注意を払う必要があります。

それはピアノにも同様のことが言えるのです。

ミナトをご利用の皆様ならお気付きですよね。

グランドピアノのお部屋に白くて四角い除湿器。

あれで各部屋の湿度を楽器に負荷がかかわらないよう調節しているのです。

水がいっぱいになるまで24時間稼働し続けることを強いるなんて、

とてもブラックなことをしておりますね…

それでも彼ら除湿器がいるから今日もミナトのピアノはとても最高の状態を保っていられるのです。

だから今日も退勤間際に彼らに頑張ってと言いながら私は涙を飲んで退勤するのです…

だって彼らが働いてくれないとミナトのピアノが大変なことになってしまうから…


皆様も彼らが休んでいるところを見かけたら、頑張ってと声をかけて、起こしてあげてくださいね。

雨の日なんか特に。

今日もミナトのピアノを最高の状態に保ってくれますから。





閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります