検索
  • ミナトミュージック南麻布

メンタルトレーニング

こんにちは!


人前で演奏する時「緊張」はつきものですよね。

そこで今日は演奏される皆様にとって、きっと役に立つメンタルトレーニングの本をいくつかご紹介します。



①本番に強くなる!演奏者の必勝メンタルトレーニング 【著】ドン・グリーン

著者のドン・グリーンさんはオーディションのための米国有数のコーチで、様々な交響楽団や音楽院で指導をされています。緊張を力に変えて確実に結果を出すための、実践的かつ画期的な一冊です。


演奏者勝利学―演奏者のためのメンタル・トレーニング 【著】辻 秀一

プレッシャーに勝てる心、ポジティブな生き方を手に入れるには、心と頭に負荷をかけるトレーニング・メニューを繰り返し行うことが大切です。すべての演奏者を応援する一冊です。


前向きに、考える~演奏家のためのメンタル強化術~ 【著】矢野龍彦

桐朋学園大学教授の矢野龍彦による、演奏家のためのメンタル・コントロールに特化した必携本です。心の根本的な在り方に徹底的に焦点を当て、ものの見方考え方を多様にして苦しさも楽しさに変えていくことを提案した一冊です。



気になる一冊はありましたか?

約2か月後の発表会に出演される皆様は1度読んでみると良いかもしれないですね^^


本番で納得のいく演奏ができるように、練習とメンタルトレーニングをうまく組み合わせてみてはいかがでしょうか?


閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります