検索
  • 南麻布校 受付

乾燥しすぎに注意

秋晴れの穏やかな日々が続きますね。

夏の湿気の多さが嘘のように乾燥しています。


ジメジメが嫌いな私からしたらこのまま秋が深まるにつれて

もっと乾燥してほしいって思ってしまいます。

しかしながら乾燥しすぎは身体にも楽器にもよくないのです。


湿度が40%以下の環境はウィルスが感染力を高めますから、

うがい手洗いを入念にすべきだとよく耳にしますよね。

特にこのご時世、新型コロナウィルスで皆様重々に感じておられることと存じます。

それに加えて冬にはインフルエンザの心配もしなければならないし…


話が少し脱線してしまいましたね。

さて、湿気が少なければ少ないほど楽器にいいのでは?

と思っている方たくさんいらっしゃると思います。


実はそんなことないのです。

木でできた弦楽器や木管楽器は湿気が多すぎるのもよくありませんが、

湿気が少なすぎても楽器によくないのです。

湿気が少なすぎると、木が割れる原因になります。

ケースを開けたら真っ二つに楽器が割れていたなんてことも…

(湿度が高すぎても低すぎてもダメなんて、なんてデリケートなんでしょう…)


これからどんどん乾燥した気候になっていくので、

皆様もご自身の体調管理と楽器の体調管理のために

どうか湿度に気を配りながらお過ごしくださいませ。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります