検索
  • ミナトミュージック南麻布

今日は誰の誕生日?

急に寒くなってきましたが、皆様体調など崩されていませんか?

少し前まで半袖を着る機会も多かったように思いますが

すっかりニットが恋しくなる気候になりましたね。


さて、芸術の秋。

10月生まれの音楽家を調べてみたところ、

こんなに豪華な月は他にないのではないかと思うくらいの

音楽家たちがそろいました。



1904年10月1日 ホロヴィッツ(ウクライナ キエフ)


1930年10月8日 武満 徹(日本 東京)


1835年10月9日 サン=サーンス(フランス パリ)


1813年10月10日 ヴェルディ(イタリア レロンコーレ)


1811年10月22日 リスト(ハンガリー ライディング)


1838年10月25日 ビゼー(フランス パリ)


1825年10月25日 J.シュトラウス2世(オーストリア ウィーン)


1685年10月26日 D.スカルラッティ(イタリア ナポリ)


1782年10月27日 パガニーニ(イタリア ジェノヴァ)



今日はどんな音楽を聴いてみようかな、

次はどんな曲に挑戦してみようかな、

曲を選ぶシーンは日常に沢山あると思います。

迷ってしまったり、新しいものに出会いたい時、

こんな風に誕生日から興味を持つのも一つの手ですね。


来月はどんな作曲家が生まれたのでしょうか。

もしかしたらあなたと同じ誕生日かもしれませんね。

今から楽しみです!


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります