検索
  • 南麻布校 受付

弦楽器の弓の毛って何の毛?

皆様、弦楽器の講義のお時間がやってまいりました。

本日は弓についてお話いたします。


早速ですが、弓に使われている毛は一体何でしょうか?


正解は…馬のしっぽの毛です!

ここで弓を一度でも見たことがある方は疑問に思うかもしれません。

弓に使われている毛は白い色をしているから、白馬のしっぽの毛を使っているのかと。


いえいえ、そんなことはありません!

白馬の毛しか使えないならもう地球上で白馬はとうの昔にいなくなっております!

弓の毛に使っている馬の毛は漂白をしているので、白い色をしているのです。


ただ漂白をしていない馬の毛を使う方もいらっしゃいます。

本来、馬の毛は茶色や黒色をしており、

漂白をすると脱色と一緒に毛の粗い部分まで落ちるのでとても滑らかになるのですが、

漂白をしていないと毛の一本一本が太いままですので、

とても力強い音を出すことができます。

ただその分白毛に比べて、繊維が粗いため柔らかさや滑らかさに欠けると言われております。

黒毛か白毛かどちらを選ぶかは弦楽器奏者の好み次第ということですね。

(私は白毛の弓しか使ったことがないので、いつか黒毛の弓を使ってみたいです)


さて、本日は弦楽器の弓についてお話しさせていただきました。

このブログが少しでも皆様の豆知識になっていただければ幸いです。

ご一読ありがとうございました。





閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 時間が経つのは早いもので、残り2週間で2022年も折り返しです。 悔いの残らないように1日1日を大事に過ごしていきたいですね。 ミナトではレッスンの他に練習室のレンタルも行っていますが、 多くの方が毎日のように練習にいらしています。 やはり「継続は力なり」だと思います。 音楽もスポーツも同じだと思いますが、練習を続けた方は間違いなく上達します。 もちろん上手くなることだけが全てではあ

こんにちは。 5月も終わりに近づいてきましたね。 最近では夏を感じるくらい日中が暖かくなりましたが、もうすぐ梅雨の時期がやってきます。 音楽教室では湿気との闘いです。 この時期になると各教室に除湿器を設置し、湿度が50%になるように徹底的に管理しています。 ピアノや弦楽器は湿度管理がとても重要で、湿度が高すぎたり低すぎたりすると、楽器の状態が悪くなり、ピアノの場合は音がこもったり出にくくなってしま

皆様はゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか? 旅行に行かれる方も、普段と変わらずご自宅で過ごす方も お仕事の疲れを十分癒してください。 ミナトミュージックサロンは年末年始を除き毎日営業しております! ゴールデンウィーク中にお時間のある方は是非ミナトの練習室に気分転換にいらしてください。 練習室のご予約はこちらから