検索
  • 南麻布校 受付

弦楽器の成り立ちってなんだろう。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

残暑の暖かさに薄着だった頃が懐かしいと思えるほど、

秋を通り越して冬の冷たさを感じる季節になりましたね。


さて、そんな秋冷の日々に物思いに耽っていると、

ふと弦楽器の成り立ちってなんだろうって思ってしまいました。(唐突ですね)


人類最古の楽器と言われている声楽や、

人間自身の手と足が起源であり、そこから発達したとされている打楽器。

自然界にある筒状のもの(動物の角や巻貝)に息を吹き込んで音が鳴ったことが始まりと言える管楽器。

これらの楽器の成り立ちはある程度の推察ができますが、

弦楽器の成り立ちについては疑問な点が多々あります。


弦楽器の起源が狩猟用の弓から発達したという諸説がありますが、

それにしてもいったい誰がピーンと張った糸を

松脂(摩擦を生み出すためのもの)を付けた毛で擦り付けることで音を鳴らそうとしたのでしょうか。

ただ糸と毛を擦り合わせるだけでは音はなりませんので、

松脂まで使って何とかして音を鳴らそうとした研究熱心な方がいらっしゃったのかもしれませんね。

もしくは狩猟用の弓を使って、ただ遊んでいた子供たちが偶然発見したとか。


いずれにせよ、そんな古代の人たちの努力?のおかげで

我々が今こうして弦楽器が弾けていることを考えるととても感慨深いですね。


そんなことを唐突に思いながら、今日も今日とて、

ミナトの弦楽器に問題がないかチェックする受付の私でした。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆様はゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか? 旅行に行かれる方も、普段と変わらずご自宅で過ごす方も お仕事の疲れを十分癒してください。 ミナトミュージックサロンは年末年始を除き毎日営業しております! ゴールデンウィーク中にお時間のある方は是非ミナトの練習室に気分転換にいらしてください。 練習室のご予約はこちらから

みなさんが春と聞いて思い浮かぶものは何ですか? やわらかい日差しや桜の花、新たなスタートを迎え生き生きとしている人々、、 クラシック音楽には、「春」という名で知られる作品があります。 今日はその中からふたつ紹介します。 ■ヴィヴァルディ作曲 四季より「春」 クラシック音楽に馴染みのない方でも一度は耳にされたことがあるかと思います。 ヴィヴァルディは四季それぞれの自然や情景、感情をヴァイオリン独奏と

こんにちは。もう3月も末。 新しい年度に向けて色々な事を整理したり始めたりという時期でもあります。 WITHコロナの生活になって生活スタイルが一変した方も多い事でしょうか? 在宅ワークになって通勤時間に費やしていた時間ができた、など 決して悪い事ばかりではなく、新しい環境にどう順応していくべきなのか 考えるきっかけにもなったり、自分にとって本当に大切なもの、大事にしたい時間が頭の中でクリアになった