検索
  • 南麻布校 受付

弦楽器の成り立ちってなんだろう。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

残暑の暖かさに薄着だった頃が懐かしいと思えるほど、

秋を通り越して冬の冷たさを感じる季節になりましたね。


さて、そんな秋冷の日々に物思いに耽っていると、

ふと弦楽器の成り立ちってなんだろうって思ってしまいました。(唐突ですね)


人類最古の楽器と言われている声楽や、

人間自身の手と足が起源であり、そこから発達したとされている打楽器。

自然界にある筒状のもの(動物の角や巻貝)に息を吹き込んで音が鳴ったことが始まりと言える管楽器。

これらの楽器の成り立ちはある程度の推察ができますが、

弦楽器の成り立ちについては疑問な点が多々あります。


弦楽器の起源が狩猟用の弓から発達したという諸説がありますが、

それにしてもいったい誰がピーンと張った糸を

松脂(摩擦を生み出すためのもの)を付けた毛で擦り付けることで音を鳴らそうとしたのでしょうか。

ただ糸と毛を擦り合わせるだけでは音はなりませんので、

松脂まで使って何とかして音を鳴らそうとした研究熱心な方がいらっしゃったのかもしれませんね。

もしくは狩猟用の弓を使って、ただ遊んでいた子供たちが偶然発見したとか。


いずれにせよ、そんな古代の人たちの努力?のおかげで

我々が今こうして弦楽器が弾けていることを考えるととても感慨深いですね。


そんなことを唐突に思いながら、今日も今日とて、

ミナトの弦楽器に問題がないかチェックする受付の私でした。



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります