検索
  • ミナトミュージック南麻布

楽器を演奏するということ

現在ミナトには老若男女問わず、多くの生徒様が様々な思いをもって

日々レッスンや練習に励んでいます。

生徒様の表情や様子を一番よく見ることができる受付にいると、

「生き生きとしているな。音楽を心から楽しんでいるのだな」

と感じ、とても嬉しくなります。



さて、先日、とあるTVに出ていた、柚を育てている四国の農家の方がおっしゃっていた言葉がとても気に入ったので紹介します。


「桃栗三年柿八年、柚子の大馬鹿十八年」


声に出して読んでみると、リズミカルに読めて、内容も奥深いと思いませんか?

食べられる果に育つまでにかかる年月を、面白おかしく表現したものです。

柚子が育つのに18年もかかるなんて、知りませんでした。


このフレーズに「楽器の演奏技術」を加えるならば、一体何年になるのだろう、と思いました。

ですが、いくら考えても答えは出ませんでした。

きっと、考え方は人それぞれで、演奏技術に終わりやゴールはないのではないでしょうか。

そして、「演奏技術」よりも大事なことは、心から楽器を演奏することを楽しむこと。

上手下手は関係ない、という自論に落ち着きました(笑)


皆様にとって、音楽が人生を豊かにしてくれるものとなりますように!


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆様はゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか? 旅行に行かれる方も、普段と変わらずご自宅で過ごす方も お仕事の疲れを十分癒してください。 ミナトミュージックサロンは年末年始を除き毎日営業しております! ゴールデンウィーク中にお時間のある方は是非ミナトの練習室に気分転換にいらしてください。 練習室のご予約はこちらから

みなさんが春と聞いて思い浮かぶものは何ですか? やわらかい日差しや桜の花、新たなスタートを迎え生き生きとしている人々、、 クラシック音楽には、「春」という名で知られる作品があります。 今日はその中からふたつ紹介します。 ■ヴィヴァルディ作曲 四季より「春」 クラシック音楽に馴染みのない方でも一度は耳にされたことがあるかと思います。 ヴィヴァルディは四季それぞれの自然や情景、感情をヴァイオリン独奏と

こんにちは。もう3月も末。 新しい年度に向けて色々な事を整理したり始めたりという時期でもあります。 WITHコロナの生活になって生活スタイルが一変した方も多い事でしょうか? 在宅ワークになって通勤時間に費やしていた時間ができた、など 決して悪い事ばかりではなく、新しい環境にどう順応していくべきなのか 考えるきっかけにもなったり、自分にとって本当に大切なもの、大事にしたい時間が頭の中でクリアになった