検索
  • ミナトミュージック南麻布

楽器を演奏するということ

現在ミナトには老若男女問わず、多くの生徒様が様々な思いをもって

日々レッスンや練習に励んでいます。

生徒様の表情や様子を一番よく見ることができる受付にいると、

「生き生きとしているな。音楽を心から楽しんでいるのだな」

と感じ、とても嬉しくなります。



さて、先日、とあるTVに出ていた、柚を育てている四国の農家の方がおっしゃっていた言葉がとても気に入ったので紹介します。


「桃栗三年柿八年、柚子の大馬鹿十八年」


声に出して読んでみると、リズミカルに読めて、内容も奥深いと思いませんか?

食べられる果に育つまでにかかる年月を、面白おかしく表現したものです。

柚子が育つのに18年もかかるなんて、知りませんでした。


このフレーズに「楽器の演奏技術」を加えるならば、一体何年になるのだろう、と思いました。

ですが、いくら考えても答えは出ませんでした。

きっと、考え方は人それぞれで、演奏技術に終わりやゴールはないのではないでしょうか。

そして、「演奏技術」よりも大事なことは、心から楽器を演奏することを楽しむこと。

上手下手は関係ない、という自論に落ち着きました(笑)


皆様にとって、音楽が人生を豊かにしてくれるものとなりますように!


56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界三大歌劇場

こんにちは! 少しずつ過ごしやすい気温になってきましたね。 気温が急に変わると体調も崩しやすいので皆さんお気を付けください。 ところで皆さんは「世界三大歌劇場」についてご存知でしょうか? ウィーンにある「ウィーン国立歌劇場」 ミラノにある「スカラ座」 ニューヨークにある「メトロポリタン歌劇場」 これら3つの歌劇場が世界三大歌劇場と呼ばれています。 ウィーン国立歌劇場は1869年という長い歴史を持っ

習い事に行くときは

先日、南麻布の練習室にいらっしゃったお子様のワンピースがとても素敵で、大変記憶に残っています。 思わずお母さまにどちらのものか伺ってしまったくらいで、とても仕立てのよい上質な生地に バックスタイルは背中が少し開いていてリボンがついているという 大人顔負けのドレス。でも華やかなピンクと白のボーダーという柄が 子供らしくそのお嬢様にとてもお似合いでした。 私も子どもの頃、ピアノのレッスンに行くときは

運動会の楽しみ方

10月に入って秋晴れが多く続いていますね。 この時期といえば、なんといっても運動会。 今週末はお子様の運動会!という方も多いのはないでしょうか。 さて、運動会とクラシック一見関係が薄いように見えますが、 そんなことはありません。 子どもの頃から何となく耳にしていた 運動会お馴染みの曲の多くがクラシック曲だという事を ご存知でしょうか。 例えば、運動会に欠かせないかけっこの定番曲 ネッケ作曲 クシコ