検索
  • ミナトミュージック南麻布

楽器を演奏するということ

現在ミナトには老若男女問わず、多くの生徒様が様々な思いをもって

日々レッスンや練習に励んでいます。

生徒様の表情や様子を一番よく見ることができる受付にいると、

「生き生きとしているな。音楽を心から楽しんでいるのだな」

と感じ、とても嬉しくなります。



さて、先日、とあるTVに出ていた、柚を育てている四国の農家の方がおっしゃっていた言葉がとても気に入ったので紹介します。


「桃栗三年柿八年、柚子の大馬鹿十八年」


声に出して読んでみると、リズミカルに読めて、内容も奥深いと思いませんか?

食べられる果に育つまでにかかる年月を、面白おかしく表現したものです。

柚子が育つのに18年もかかるなんて、知りませんでした。


このフレーズに「楽器の演奏技術」を加えるならば、一体何年になるのだろう、と思いました。

ですが、いくら考えても答えは出ませんでした。

きっと、考え方は人それぞれで、演奏技術に終わりやゴールはないのではないでしょうか。

そして、「演奏技術」よりも大事なことは、心から楽器を演奏することを楽しむこと。

上手下手は関係ない、という自論に落ち着きました(笑)


皆様にとって、音楽が人生を豊かにしてくれるものとなりますように!


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります