検索
  • ミナトミュージック南麻布

習い事に行くときは

先日、南麻布の練習室にいらっしゃったお子様のワンピースがとても素敵で、大変記憶に残っています。


思わずお母さまにどちらのものか伺ってしまったくらいで、とても仕立てのよい上質な生地に

バックスタイルは背中が少し開いていてリボンがついているという

大人顔負けのドレス。でも華やかなピンクと白のボーダーという柄が

子供らしくそのお嬢様にとてもお似合いでした。


私も子どもの頃、ピアノのレッスンに行くときは

いつもかわいらしいワンピースを母が着せてくれていた記憶があります。


小さい頃は可愛らしく女の子らしい服が大好きだった私は

素敵なワンピースを着るだけで自分がお姉さんになったような気分になれたのだと思います。

そうなると自然に振る舞いも大人びて、ピアノに座る姿もきっとどこかのお嬢さん、になれていたのかな?!母の思惑にすっかりハマっていたのですね笑。


私のようにに着る服によって気持ちが大きく変わる子は多いのではないでしょうか。

素敵なワンピースを着て相応の振る舞いでレッスンに向かうのか

近くの公園に行くときと同じ服装で行くのか、、

どちらも変わらないはずなのに、きっとレッスンでの気持ちや振る舞いは変わってくるでしょう。


そうは言っても、こだわりがあって自分で決めた服しか着ない、

そんなお子様も多いですから難しい問題ではありますね。


そして意外にに重要なのは髪型。

音楽のレッスンの際は顔が隠れないようにしっかりサイドの髪をアップにしておく事が大事です。


お子様の気持ちを上げてレッスンが受けられるよう

服装にも注目してみてもいいかもしれません。


こどもにとってのきっかけは小さな事です。

可愛いドレスが着たいからピアノをやってみたい、そんな気持ちが芽生えたら、ぜひ大切にしてあげてください。

ミナトでは、お子様、初心者の方も大歓迎です。


体験レッスンのお申し込みはこちら


閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります