検索
  • ミナトミュージック南麻布

運動会の楽しみ方

10月に入って秋晴れが多く続いていますね。

この時期といえば、なんといっても運動会。

今週末はお子様の運動会!という方も多いのはないでしょうか。


さて、運動会とクラシック一見関係が薄いように見えますが、

そんなことはありません。

子どもの頃から何となく耳にしていた

運動会お馴染みの曲の多くがクラシック曲だという事を

ご存知でしょうか。


例えば、運動会に欠かせないかけっこの定番曲


ネッケ作曲 クシコス・ポスト


曲名を聞いてもパッと思い浮かばない方でも

音源を聴くときっとご存知でしょう。

これを聴くと運動会を連想する、それくらい運動会ではお馴染みの曲ですね。


このクラシコポストは一般的に郵便馬車と日本語訳され、

曲中では駆ける馬のひづめの音や揺れる馬車が連想できます。

まさにかけっこにぴったりの曲なのが分かりますね。


他にも

カバレフスキー 道化師のギャロップ


オッフェンバック 天国と地獄より「カンカン」


ハチャトゥリアン ガイーヌより「剣の舞」などなど・・


名前は知らなかったけどきっと聴いてみたら、

これ、知ってる!

という曲ばかりです。


バレエ音楽の1部分だったり、喜歌劇の序曲だったりするので、

他にはどんな曲があるのかな、と興味が沸いてきますね。


聴き馴染みのあるあの曲、もしかすると有名クラシック曲かもしれません。

運動会ではぜひ音楽にも注目してみてください。



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆様はゴールデンウィークをどのようにお過ごしですか? 旅行に行かれる方も、普段と変わらずご自宅で過ごす方も お仕事の疲れを十分癒してください。 ミナトミュージックサロンは年末年始を除き毎日営業しております! ゴールデンウィーク中にお時間のある方は是非ミナトの練習室に気分転換にいらしてください。 練習室のご予約はこちらから

みなさんが春と聞いて思い浮かぶものは何ですか? やわらかい日差しや桜の花、新たなスタートを迎え生き生きとしている人々、、 クラシック音楽には、「春」という名で知られる作品があります。 今日はその中からふたつ紹介します。 ■ヴィヴァルディ作曲 四季より「春」 クラシック音楽に馴染みのない方でも一度は耳にされたことがあるかと思います。 ヴィヴァルディは四季それぞれの自然や情景、感情をヴァイオリン独奏と

こんにちは。もう3月も末。 新しい年度に向けて色々な事を整理したり始めたりという時期でもあります。 WITHコロナの生活になって生活スタイルが一変した方も多い事でしょうか? 在宅ワークになって通勤時間に費やしていた時間ができた、など 決して悪い事ばかりではなく、新しい環境にどう順応していくべきなのか 考えるきっかけにもなったり、自分にとって本当に大切なもの、大事にしたい時間が頭の中でクリアになった