検索
  • ミナトミュージック南麻布

運動会の楽しみ方

10月に入って秋晴れが多く続いていますね。

この時期といえば、なんといっても運動会。

今週末はお子様の運動会!という方も多いのはないでしょうか。


さて、運動会とクラシック一見関係が薄いように見えますが、

そんなことはありません。

子どもの頃から何となく耳にしていた

運動会お馴染みの曲の多くがクラシック曲だという事を

ご存知でしょうか。


例えば、運動会に欠かせないかけっこの定番曲


ネッケ作曲 クシコス・ポスト


曲名を聞いてもパッと思い浮かばない方でも

音源を聴くときっとご存知でしょう。

これを聴くと運動会を連想する、それくらい運動会ではお馴染みの曲ですね。


このクラシコポストは一般的に郵便馬車と日本語訳され、

曲中では駆ける馬のひづめの音や揺れる馬車が連想できます。

まさにかけっこにぴったりの曲なのが分かりますね。


他にも

カバレフスキー 道化師のギャロップ


オッフェンバック 天国と地獄より「カンカン」


ハチャトゥリアン ガイーヌより「剣の舞」などなど・・


名前は知らなかったけどきっと聴いてみたら、

これ、知ってる!

という曲ばかりです。


バレエ音楽の1部分だったり、喜歌劇の序曲だったりするので、

他にはどんな曲があるのかな、と興味が沸いてきますね。


聴き馴染みのあるあの曲、もしかすると有名クラシック曲かもしれません。

運動会ではぜひ音楽にも注目してみてください。



閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります