検索
  • 南麻布校 受付

松脂とは

皆様「マツヤニ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

おそらく弦楽器を弾いたことがある方以外には馴染みのない言葉だと思います。


「ヤニ」と聞くとなんだか煙草の方をイメージしてしまいますよね。

じつはこの「マツヤニ」というのは弦楽器を弾くうえでとても重要な役割を果たしてくれるのです。


「松脂」というのは、マツ科マツ属の木から分泌される天然樹脂のことで、

要するにマツの木からとれる樹液を固めたものです。


それではいったいこの「松脂」というのはどこに使うものなのでしょうか。


実は…弦楽器を弾くときに使う弓の毛に塗るものなのです。

弓の毛は馬のしっぽの毛でできておりますが、そのまま弦を擦ってもあまり音は出ないのです。

松脂による摩擦があってはじめて弦楽器は音を鳴らすことができるのです。


松脂は樹液を固めたものですから落としたらもちろん割れます。

真っ二つに割れます。木っ端みじんに割れることもあります。とても掃除が大変です。

真っ二つに割れてしまった松脂を直すため電子レンジで溶かして固めることも…あるとかないとか


話が少し脱線してしまいましたが、弦楽器を弾くときになくてはならないもの、それが松脂なのです。

ヴァイオリン用、ヴィオラ用、チェロ用、コントラバス用、全ての弦楽器用等…

とても色々な種類があります。

松脂によって、弾きやすくなったりすることもありますので

弦楽器を弾かれている方は一つの松脂にこだわらず、ぜひいろいろな種類をお試しください!


そんなところで本日は松脂のことについて語らせていただきました。

このブログが少しでも皆様の豆知識になれば幸いです。

ご一読ありがとうございました。

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界三大歌劇場

こんにちは! 少しずつ過ごしやすい気温になってきましたね。 気温が急に変わると体調も崩しやすいので皆さんお気を付けください。 ところで皆さんは「世界三大歌劇場」についてご存知でしょうか? ウィーンにある「ウィーン国立歌劇場」 ミラノにある「スカラ座」 ニューヨークにある「メトロポリタン歌劇場」 これら3つの歌劇場が世界三大歌劇場と呼ばれています。 ウィーン国立歌劇場は1869年という長い歴史を持っ

習い事に行くときは

先日、南麻布の練習室にいらっしゃったお子様のワンピースがとても素敵で、大変記憶に残っています。 思わずお母さまにどちらのものか伺ってしまったくらいで、とても仕立てのよい上質な生地に バックスタイルは背中が少し開いていてリボンがついているという 大人顔負けのドレス。でも華やかなピンクと白のボーダーという柄が 子供らしくそのお嬢様にとてもお似合いでした。 私も子どもの頃、ピアノのレッスンに行くときは

運動会の楽しみ方

10月に入って秋晴れが多く続いていますね。 この時期といえば、なんといっても運動会。 今週末はお子様の運動会!という方も多いのはないでしょうか。 さて、運動会とクラシック一見関係が薄いように見えますが、 そんなことはありません。 子どもの頃から何となく耳にしていた 運動会お馴染みの曲の多くがクラシック曲だという事を ご存知でしょうか。 例えば、運動会に欠かせないかけっこの定番曲 ネッケ作曲 クシコ