検索
  • ミナトミュージック南麻布

大寒

1月20日は二十四節気の大寒(だいかん)です。

寒さが最も厳しい頃と言われています。


寒いと外に出るのも億劫になりますよね…


そんな日は家でゆっくりクラシック音楽を鑑賞するのはいかがでしょうか?

今日は冬におすすめな曲をいくつかご紹介します。



1. 『四季』より「冬」/ ヴィヴァルディ

ヴィヴァルディの四季をご存知の方は多いと思います。春から冬まで3楽章ずつで人々のそれぞれの季節での様子を表しています。

「冬」の1楽章では、寒くてガタガタと震えて歯が鳴る様子をヴァイオリンの刻みで表現しています。2楽章では暖炉であたたまり、休息する様子を表し、3楽章ではゆっくりと用心しながら歩き、時に滑って転びながらも冬を体感します。



2.交響曲第1番『冬の日の幻想』/ チャイコフスキー

チャイコフスキーといえば冬の定番「くるみ割り人形」も有名ですが、是非この「交響曲第1番」も聴いていただきたいです。

弦楽器と木管楽器で奏でられる冒頭は、広大なロシアの雪景色が目に浮かぶように繊細で美しいです。チャイコフスキーは26歳でこの交響曲を発表していますが、その後何度も手直しをし、最終的に完成したのは48歳の時だそうです。



3. エチュード『木枯らし』 / ショパン

ピアノを演奏される方はきっとご存知かと思います。ピアニストにとっては避けては通れない曲のひとつで、技巧、持久力、器用さを鍛える練習曲です。冒頭の単旋律から一変、超絶的な技巧の右手の6連符が特徴的です。ショパンはエチュードを多く作曲していますが、ただの「練習曲」ということではなく、美しく魅力的な旋律を残しています。技術的な要求がある一方、芸術的な要素も盛り込んだ名曲です。



さて、気になる曲はありましたか?

冬に聴きたいクラシック曲は他にもたくさんありますので、

是非皆さんのお気に入りの一曲を見つけてくださいね。




閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります