top of page
検索
  • ミナトミュージック南麻布

第九

こんにちは。

これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。


日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。


1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。

第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメリットがあったためというのが1つめの説です。


もう1つは、第二次世界大戦の学徒出陣壮行会で演奏されたことに由来するという説です。昭和18年12月戦地へ赴く学徒たちの壮行会で演奏されたのが、第九の「歓喜の歌」でした。

そして戦後、生還した学生たちが亡くなった仲間の追悼のため、12月に再び第九を演奏したといいます。


オーケストラだけでなくピアノや他の編成にアレンジされた楽譜もたくさんあるので、

是非皆さんも年末に向けて第九を練習してみてはいかがでしょうか?



練習室レンタルはこちらから



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 街中はイルミネーションで華やかになり、クリスマスソングを耳にすることも増えましたね。 今日はクリスマスに聞きたい名曲を5つご紹介します。 1.くるみ割り人形 / チャイコフスキー 白鳥の湖、眠りの森の美女と共に三大バレエと呼ばれています。 舞台はクリスマスイブの夜のパーティー。主人公はシュタールバウム家の末娘、クララ。ドロッセルマイヤーおじさんにクリスマスプレゼントでくるみ割り人形を

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります

bottom of page