検索
  • ミナトミュージック南麻布


みなさんが春と聞いて思い浮かぶものは何ですか?

やわらかい日差しや桜の花、新たなスタートを迎え生き生きとしている人々、、

クラシック音楽には、「春」という名で知られる作品があります。

今日はその中からふたつ紹介します。



■ヴィヴァルディ作曲 四季より「春」

クラシック音楽に馴染みのない方でも一度は耳にされたことがあるかと思います。

ヴィヴァルディは四季それぞれの自然や情景、感情をヴァイオリン独奏と合奏で表現しました。


「春」は小鳥のさえずりや嵐、小川のせせらぎが表現されています。具体的に何を表現しているのかについて、ヴィヴァルディ本人がソネットと呼ばれる詩を残しています。読みながら聴くとさらにこの曲の魅力が伝わってきます。


■ベートーヴェン作曲 ヴァイオリンソナタ第5番「春」

こちらも大変有名な曲です。漫画やアニメ、ドラマ、映画でも扱われています。

先ほど紹介したヴィヴァルディの春とは違って、ベートーヴェン本人は作品にタイトルをつけていません。後世の人々が曲想から春という通称で呼ぶようになりました。


私は先月にこの曲を演奏しましたが、自分にとっての春だけでなく、ベートーヴェンや当時の人々にとっての春もイメージしながら曲と向き合うと、新たな春の喜びを感じました。


他にも、クラシック音楽には春にちなんだ作品が数多くあります。

ぜひこの時期に聴いてみてください♪



ミナトミュージックサロンでは、生徒様随時募集中です。

音楽を通じて、私たちと一緒に新たなスタートを切ってみませんか?

体験レッスン詳細はこちら


閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 これから年末にかけてベートーヴェンの交響曲第9番がよく演奏されるようになりますね。 日本で毎年年末に第九が演奏されるのには理由があります。 1つは、オーケストラの「書き入れ時」が定着した説です。 第二次世界大戦後の混乱期に、日本交響楽団(現・NHK交響楽団)の第九公演が大当たりしたこと、アマチュア合唱団の活動が各地で盛んになり、合唱団の家族や知人がチケットを購入するなど、興行面でのメ

こんにちは。 11月も終わりに近づき、2022年も残り一か月ですね。 今年も色々な出来事があった1年でしたが皆さんにとってはどんな年でしたか? 私は今年も音楽に没頭し、音楽の素晴らしさを改めて感じた1年になりました。 来年もさらに学びを深めていきたいと思います。 ブランクはあるけれど久しぶりに演奏をしたい方、楽器は触ったことがないけれど演奏してみたい方、是非来年はその思いに応えてみませんか? ミナ

こんにちは。 また前回の投稿から時間が経ってしまいました。 すっかり季節は秋になり、寒い日が続いていますね。 ミナトではサントリーホールでの発表会のお申し込み期間が終了し、皆さん練習に熱が入っているように感じます。 例年通り、今年もサントリーホールのブルーローズで開催させていただくのですが、なかなかサントリーホールで発表会を行うお教室はないのではないかと思います。 間違いなく一生の思い出になります